2017年07月23日

Cascade再び

合流したビア友のリクエストにより、再度Cascadeに行きました。

CSCD_building.jpg

今回の旅行中2回目の訪問です。 ここは種類が多いだけでなく、アルコール度強いので1回行ったくらいでは全種類は飲めません。 そんなこともあり,前回飲めなかったビールを中心に注文しました。 以下メモ。

・Tangerine Dream 2015
ブレタノマイセス香。 モルティでフランダースレッドを思わせる味。 後味はドライで複雑なイースト感が残る。

・Manhattan 2015
ベリー様の香りと色。 フレーバーもベリー感が強め。 ドライなフィニッシュでベリーの感じが残る。

・Sang Noir 2015
濃色モルトの香りがチョコレートの様。 ベリーの様なフレーバー。 後に酸が残る。

・Denal Hop Sour
草っぽいホップの香り。 モルティなフレーバーでホップの特徴は弱く感じる。 背後にオーク感あり。

・Sang du Chene 2015
甘いハチミツ的な香り。 酸味は強めで後に残る。 バレルエイジだけとのことだがフルーツのような感じがある。

・Crazy Novel 2016
オレンジの香り。飲んでもオレンジ。 酸味が跡まで残る。

・Portland Ale
カスケードが造る通常のエール。 ホップとモルトの香りでバランス的にホップ寄り。 甘めの口当たりで少々麦汁的。 ホップフレーバーは弱め。 バレルエイジのビールがすご過ぎて全く感動なし。

・Cascade IPA
ホップの香りと少々酸の様な香りあり。 スムースだがホップの渋味が来る。 草っぽさが後に残る。 これもバレルエイジのビールと比べると普通過ぎて感動なし。

posted by FB担当 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール紀行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180416809

この記事へのトラックバック