2016年07月20日

帰国しました

帰国日。 ロサンゼルス国際空港でセキュリティゲートを越えた後、出発前の最後のビールと思い色々探しました。 しかしながらクラフトビールはほとんどなく、ほぼ唯一見つけたビールがこちらのビールでした。 これとGoose Islandがあったのですが、こちらが地元のビールだと言うことでこちらを選択。 後で調べたら、アナハイムにあるInBev傘下のブルワリーの様でした。

pointIPAtap.JPG

サンフランシスコの空港はアンカースチームやシェラネバダPAが飲めた記憶があるのですが、それに比べると雲泥の差です。

pointIPA.JPG

・Point the Way IPA (Golden Load Brewing)
地元のビールとのことだったが、 ホップの香り。 ドライホップのフレーバーも良く出ている。 普通のIPA。

premal.JPG

最後は飛行機の中でプレミアムモルツを飲んで今回の旅のビールは終了。 利用したANAは日本の大手メーカの各社のビールを積んでいると言うので念のためクラフトビールを積んでいるか聞いてみましたが、積んでいないと言うこと。 飛行機の中で普通にクラフトビールが飲める日が来ることを願って帰国の途につきました。
タグ:LA&SD2016
posted by FB担当 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール紀行