2015年04月23日

三度目の夏に向けて…

これからの時期にピッタリな夏季限定醸造「ライ麦セゾン」の仕込みが終わりました。 このレシピもこれで3シーズン目。 なかなかライ麦を使った製品は仕込まないのでちょっと新鮮な気分になりました。

ryemalt.jpg

これが今回の名脇役となるライモルト。 小麦の様に殻がなく、それでいて細長い形状のため、通常のモルトミルの設定ではうまく挽けません。 そのためまずはモルトミルのギャップ調整から始まります。 ライ麦に最適なギャップに調整後ライ麦を挽き、大麦に合わせて再調整した後で大麦モルトを挽くという、ちょびっとだけ面倒な作業です。

またライ麦は大麦と比べてβグルカンが多く、通常のマッシングだとトロンとした感じが出てしまいます。 トロミのあるライ麦ビールもそれはそれで美味しいのですが、ちょっと爽快感に欠ける気がするので、ロコビアでは通常とは異なるマッシングスケジュールを採用し、時間を掛けてトロミを減らしています。

さらに、今回はホップのアロマをより良く出すためにワールプールホッピングをしてみました。 ケトルホッピングとはまたひと味違ったホップアロマが今から楽しみです。

そんなこんなで仕込んだ今回の「ライ麦セゾン」。 5月に行われるけやきひろば春のビール祭りでお披露目予定ですので、ご期待下さい!
posted by FB担当 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ロコビア

2015年04月17日

2015年4月の勉強会

今回で51回目を迎えた勉強会。 気がついたら4年も続いているんだなあと今さらながら驚きました。

題目は久しぶりに「ケルシュ」。 たしかずいぶん前に一度やったような記憶もありますが、もう忘れてしまいました。 せっかくなので当社フラッグシップ「香りの生」も一緒にテイスティングしてもらいました。

IMG_0207.JPG

写真がテイスティング(もちろんブラインド!)したビールたち。 左から Carlton Lagered AleSakura Kaori-no-NamaAmerican BlondeEasy Day Kolschの4種類。 ケルシュと言いながら本場ケルン産の製品はなかったので、ケルシュ・タイプとでも言うべきでしょうか。

以下、テイスティングノート。 「点数」はFB担当が付けた点数、「平均点」は参加者(8人)の平均点です。 (どちらも50点満点)

Carlton Lagered Ale (点数31、平均点29)
スカンキーな日光臭。若干酸化臭もあり。 クリアーで金色のボディ、細かい泡だが持ちはそれほど良くない。 モルティ。若干カラメル由来の甘味。その分ホップのキャラクターもちょっと強めだがバランスは良い。 フィニッシュはドライであるが、クリスプ感に欠ける。 ミディアムボディでアルコール感もある。 全体的に重くスタイルからは外れていると思う。 保存状態に難あり。

Sakura Kaori-no-Nama (点数38、平均点40)
エステルのフルーツアロマ。ホップアロマは無し。 クリアだが若干濃い金色。細かい泡で持ちはそこそこ。 モルティでソフトな飲み口。ドライでクリスプな後味。 苦味はほとんどないが若干ホップのキャラクターを感じる。 強めの炭酸でミデアムライトなボディ。 少しエステルが強い印象だが、どの要素も突出せず控えめにバランスしている。

American Blonde (点数26、平均点26)
フルーティアロマが強烈。その背後にモルティなアロマを少し感じる。若干硫化物。 持ちの良い細かく白い泡。金色のボディであるが、濁りあり。 ホップキャラクターが強くフィニッシュに柑橘系のホップフレーバーが残る。 ミデアムボディで後味に若干渋味。 ホップが強くスタイル的にはケルシュから外れると思う。

Easy Day Kolsch (点数35、平均点37)
ホップ由来と思われるスパイシーな香り。少々エステルアロマもある。 クリアで金色。細かい泡で持ちも良い。 ソフトな口当たり。 モルティでホップキャラクターもありバランスは良い。 白ワインのようなネルソンソービンを思わせるキャラクター。 ミデアムライトなボディ。炭酸も強めで爽快感あり。 バランスよくできたケルシュだと思うが、柑橘系のホップキャラクターはこのスタイルには不適切。

以上の結果からBest of ShowはSakura Kaori-no-Namaに決定しました。(パチパチパチ)

自社製品それもフラッグシップがBest of Showに選ばれたのは大変嬉しいことでしたが、劣化した製品を飲んで少し考えさせられたこともありました。 日光臭は光が原因ですから、この劣化は輸送又は販売時によるものだと推測され、同様な問題がいつ自社製品にも同じようなことが起こるかわかりません。 決して安くはない製品を購入して頂くお客さんのためにも、販売店さんと一層の信頼関係を築いて行く必要をあらためて考えさせられた勉強会でした。
posted by FB担当 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイスティング

2015年04月14日

SONGBIRD BEER

千葉県で第5のブルワリーとして今年の2月に醸造免許を取得したばかりの「SONGBIRD BEER」さん。 この週末にTokyo Beer Week 2015のイベントのひとつとして千葉のBeer O'clockさんでお披露目が行われたので、ちょろっと顔を出してきました。

提供されていた製品は「ブロンド」と「ゴールデンビター」の二種類。 それぞれバッチ#1とバッチ#2があり合計4種類ありました。 ブルーマスターによるとバッチ#2の方が理想に近いとのことで、両方ともバッチ#2を頂きました。 僭越ながらその時の感想を。

IMG_0205.JPG
ブロンド…イーストの特徴が出たベルギー風エール。ベルジャンブロンドらしい濁り。雑味はなく良くできているが樽内熟成が足らず若干甘味が残っていた。もう少しイーストの個性を強くしたほうがウケが良いかなと思う。

IMG_0206.JPG
ゴールデンビター…透明度が高いが少し濁りあり。モルト側にバランスした英国風のエール。モルト感に加え麦茶のような資質も感じられた。樽内熟成が不十分とのことだったが、残糖感はあまり感じなかった。

タップには繋がっていませんでしたが瓶詰されたペールエールもあるとのことで、少し試飲させて頂きました。 こちらはかなり透明度が高く、ホップ感も結構あり良く仕上がっていました。 好みの問題もありますが個人的にはこれが一番良いと思いました。

これからレシピなどの改良を加えて、ますます洗練されて行くと思いますので今後が楽しみなブルワリーです。 また近いうちに代官山でラベルの発表会が行われるとのことなので、こちらも楽しみです。

■ブルワリーデータ
SONGBIRD BEER
住所:千葉県木更津市清川1-14-12 (Google Mapで見る)
URI:http://songbirdbeer.blogspot.jp/
posted by FB担当 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと

2015年04月06日

こんなに使い切れません

「今年こそはブログを続けるぞ」と意気込んだものの、三日と持たず気がつけば桜の季節になってしまいました。 年明けからのゴタゴタもようやく収束して今年度もなんとかビール(税法上は発泡酒ですが…)の製造を続けることができそうです。

さて、4月からは食料品を中心に色々と値上げの発表がありました。 デフレの象徴でもあった牛丼値上げのニュースは大々的に報じられたので記憶に残っている方も多いと思います。 実はその裏で全く報じられませんでしたが当社でも330mL製品を最大17%の値上げを実施させて頂きました。 どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

そんな値上げのニュースが相次ぐ中、ブログ担当の契約している格安SIMは通信容量増強という実質的な値下げが行われました。 契約当初は毎月1GBだった通信容量がしばらくして毎月2GBになり、今回はさらに1GB増えトータル3GBと契約当初に比べると3倍の通信容量が同じ価格で使えるようになったのです。 ビールで例えると当初月額1万円で毎月10Lまでは飲み放題だったものが料金据置で30Lまで飲み放題になったという感じですが、毎月半分程度しか使っていなかった身からすると枠が3倍に拡大されても、むしろ捨ててしまう部分が増えすぎてしまい、逆に損した気分になってしまいます。

こちらとしては通信容量は当初と同じ1GBで良いので契約料金が半額になってくれたほうがありがたいのですが、それは無理な注文なんでしょうか?
posted by FB担当 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと